上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココではプロボクラフト社のペーパートリマーを 使用して、トリマーの使用方法をご説明いたします。
他社のトリマーも基本的には同じ考え方でお使いいただけると思います。


部位の説明
trimmer01.jpg

① 刃(ブレード)
  スライドさせてペーパーをカットする「刃」です。
  折り目(スコーリング)をつけるための切れない刃も
  あります。
  (プロボクラフトの場合は黄緑のブレードが折り目用です)
②ルーラー
  刃のレールにもなっている透明の定規状の部分。
  これが割れたり変形したらもう使い物にならないペーパー
  トリマーの命です。
③スケール
  カットするサイズを測る目盛(ルーラーにもあります)。
  インチ表示がメインですがセンチも併記されています。


使い方
1.ルーラーを上げて固定します。
プロボクラフトのトリマーは手前から上に開くタイプですが、
フィスカース社のトリマーはヨコに開きます。
trimmer02_l.jpg


2.写真やペーパーを上か下に合わせて左手でおさえます
サウスポーの方は逆さに使っても使い勝手があまり代わらない
フィスカース社のトリマーの方が使いやすいかもしれません。
プロボクラフトのトリマーの場合は、逆さにするとルーラーの開け閉めが
しにくいと思われます。

 trimmer03_l.jpg trimmer04_l.jpg 


3.ルーラーをカチリと音がするまで戻します
 * ちゃんとルーラーが閉じていないと刃が浮いてしまい、
うまくカットすることができません。


4.上に合わせたら下から、下に合わせたら上からブレード (刃)を
ゆっくりと端までスライドさせてカットします。

 *写真やペーパーがカットするときに動かないように、
  写真のようにトリマーの端にぴったり合わせて切ります。
 trimmer05_l.jpg trimmer06_l.jpg


2007/11/10更新
スポンサーサイト
glue01.jpg

スクラップブッキングに使用する「のり」は、使用するの目的や材質によって向き不向きがあって、複数の種類を使い分けるのが一般的となっています。
その種類も結構たくさんあって、初めての方は一番悩むところかもしれません。

ココで紹介する「のり」はスクラップブッキングで主に使われているのもですが、普通の文具コーナーでも置いてあるものもあります。「アシッドフリー」「フォトセーフ」になっている製品を使用しましょう。

1.液体のり
glue02.jpg glue02b.jpg渇くと粘着力が強力です。紙と、写真・ボタン・メタル製品など様々な用途に使えます。
つけすぎたり、はみ出したりしないように、気をつけましょう。
比較的長持ちして、経済的な接着剤です。

向かないもの  ・ベラム    :透ける、波打ってしまう。
          ・リボン、布類 :しみ込んでしまう。


2.テープのり
glue03.jpg手を汚さずに、すばやく接着できます。リボン・布類と紙との接着に最適です。
液体のりに比べると接着力がおちます。
のりの形状が点々になっている「ドット」タイプとテープ状の普通のタイプがあります。
ドットタイプはのりの切れも良く大変使いやすいです。普通のタイプは切れがイマイチですが、接着力はドットタイプより強力です。
また、それぞれ貼りはがしのできる弱粘着タイプ(仮止めや後々はがす可能性のあるものなどに使用します。つけたのり自体もはがすことができます。)があります。
便利ですが、なくなるのが早いのがたまにキズ。


3.スティックのり
glue04.jpg

手を汚さずに接着できます。『消えいろピット』は乾くと透明になるので、ベラムと紙の接着に最適です。
(塗り跡がまったく透けないというわけではありません。)
比較的安くて、長もちします。

4.ドットのり
gluedots01.jpg
小さなドット(点)の形の固形タイプのりで、メタル製品、ボタン、リボンなどをしっかりと接着するのに最適です。
接着力が強く、手も汚れません。
大きさや厚みなど、用途に応じて選べます。
(厚みのあるタイプは飾りが浮き上がって立体的になります。 
細長い材料用のライン状のものもあります。 )

*ドットのりのつけ方
のりの部分に材料を押し付けます。
のりがはみ出さないように注意してください。
材料をはがせば、ほら!のりが付いている(^_^)
他ののりとは逆で、材料の方をのりのところにもってくるところがポイントです!
gluedots02.jpggluedots03.jpggluedots04.jpg

5.両面テープ
glue05.jpg

テープのりに似ているような気もしますが、大きく違う所は「のり」ではなく「テープ」だということ(当然です)。
使いたい大きさに、はさみなどでカットしてから貼り付けられるところが便利です。
写真やペーパーに使う時は1cmくらいにカットして使います。
下が透けないリボンなどにもOK。ドットのりとテープのりの中間的な使い方ができます。アシッドフリーのものをお使いください。
粘着力は比較的強めですが製品によって異なります。
難点はカットしなければならないところと、使ったハサミがべたべたになってしまうところ(のりが付着し難いハサミもあります)。
*べたべたハサミはun-do(シールはがし)できれいに!
mat01.jpg
写真よりもひとまわり大きくカットした紙を、写真の下にしくことをマットするといいます。
下に貼った紙が写真の周りに見えるので縁取り効果があります。マットの大きさや色で、イメージが大きく変わることもあります。
大事な写真や強調したいものは、ダブルマット、トリプルマットしてみましょう。
工夫次第でいろいろなアレンジができます。
mat02.jpgmat03.jpg
大きくマット小さくマット

mat04.jpgmat05.jpg
ダブルマットトリプルマット


mat06.jpgmat07.jpg
ずらしてマットランダムマット
紙を置き、片手で押さえ、もう一方の手で手前に破いていきます。
白い部分を多くしたり、少なくしたり、あるいは白い部分が見えていない方を使用したり、色々試してみてください。
pt01.jpg pt02.jpg pt03.jpg
カッターで小さく切り込みを入れ、ブラッドを刺し、裏で足を開きます。とってもカンタン!!
もちろんカッターでなくて、千枚通し、きり、めうちなど、既にお持ちの道具で穴あけしてもOKです。
サンプルのように、重ねる紙などの位置をしっかり決めてから穴をあけてください。位置決めには仮止め用のはがせるテープのりなどを使ってもいいかもしれません。
のりが透けて見るベラムを止めるのには一番簡単な方法。

bra01.jpg bra02.jpg bra03.jpg


bra04.jpg bra05.jpg

rubon05.jpg

ラブオンは通常1枚のシートにいくつもの文字や絵柄が並んでいます。 そのまま作業すると、となりの絵柄の端なども誤って転写してしまう可能性があります。
転写したい部分だけをはさみでカットして使ってください。
rubon01.jpg

付属の棒(アイスの棒のようなもの。製品によっては付属していないものもあります。)もしくは、先が丸くて硬いもの(ペンのキャップなど)で表面をまんべんなくこすって転写します。
裏表を間違わないように注意して下さい。
rubon02.jpg rubon03.jpg


  バジルのカードストックのようなテクスチャーのある紙や、わずかな段差(紙一枚程度)の上にも転写できます。
大変薄くてやわらかいシートなので、左の写真のように貼り付けても、段差のところで切れやすく、テープ代わりにシールで止めるようには写真を固定するのには向きません。

rubon04.jpg
 
表側でリボンの位置決め、必要であればのり付けなどの作業をして、 リボンの端を台紙の裏側へまわします。
rib01.jpg rib02.jpg

小さく切ったいらない紙にのりをつけ、テープのようにしてとめます。
rib03.jpg rib04.jpg rib05.jpg


ほかの商品もいっしょにお買い物できます。

スクラップブッキングに関すること、若葉キットの質問など、なんでもどうぞ。

 若葉の過去キットのギャラリーです。

名前:
メール:
件名:
本文:

wakabahonpo

Author:wakabahonpo
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。